保健事業|保健師・ストレスチェック・ヘルスケア・メンタルヘルス・糖尿病重症化予防プログラム・喀痰吸引等研修・実地研修・受診勧奨

ほけんし株式会社
  • 旅する研修会
  • ほけんし株式会社 みんなのブログ
  • Facebook
  • JAPHIC
保険事業

保健事業

疾病予防を中心に保健指導やメンタルヘルス、健康づくりなどを行う事業です。

保健室の運営

保健室

保健事業を総合的に行う場として「保健室」があります。
弊社は人材の提供だけでなく、その運営自体を行っております。

保健指導

健康診断や人間ドックの結果を元に保健指導を行います。
また、乳幼児からお年寄りまでの健康を保つためのアドバイスを保健指導として実施しています。

糖尿病重症化予防プログラム

重症化リスクの高い医療機関未受診者等に対する受診勧奨や保健指導を行い治療につなげるとともに、通院患者のうち重症化リスクの高い者に対して主治医の判断で対象者を選定して保健指導を行い、人工透析等への移行を防止するための、医療保険者のPDCA(課題分析、計画立案、実施、評価)実施を保健事業として運営します。

メンタルヘルス

弊社のメンタルヘルスの考え方。

精神科領域では、病気そのものばかりではなく、生活そのものも侵される。
弊社は対象者の病気の経過ではなく、労働・生活の経過を見ていきます。

これは下記のような精神医学の特徴を捉えているためです
“精神科では、医者の領分と看護が非常に近い” “病気の定義ではなく、経過を見る” (看護のための精神医学 中井久夫・山口直彦著)

<ストレスチェックも実施可能> 研修を終えた保健師等が担当します。

stress

平成27年12月より労働安全衛生法の一部改定があり、事業主は従業員のストレスチェックを行うことが義務化されました。

ストレスチェックを手軽に行いたい事業者様向けのサービスをご提供しております。

◇厚生労働省フリーソフト使用の場合
受検者へアクセス周知
ストレスチェック受検
個人結果通知(受検者用)
集団分析を提出(事業者用)

◇紙受検の場合
受検者に配布(メール添付もしくは事業者へまとめて郵送)
ストレスチェック受検
回収
個人結果通知(受検者用)
集団分析を提出(事業者用)

※保健師等による面談実施時に同時実施も可能

健康づくり

健康であり続けるためには、自分に合った健康づくりを日々行う必要があります。
働くこと、家事を行うことなど全てにおいて、健康的な体力維持は最も重要です。

・健康づくりのための健康相談、健康教育(各種講演)を行います。

・また、健康づくりを形にした、商品開発にも専門職としての知見からコンサルティングします。

特定保健指導

特定健診結果を元に階層化された結果、保健指導レベルに応じた特定保健指導を行います。
行動目標および行動計画を立案し、半年間実施される保健指導です。

〜 厚生労働省におけるアウトソース基準 〜
1.事業の目的および運営方針
  国民の健康維持・増進に寄与すべく、「予防」活動を主軸として運営します。

2.アウトソーシング統括者の氏名及び職種   
統括責任者:井谷衣里
  職種:保健師

3.従業者の職種及び員数
  職種:保健師(看護師も含む)
  員数:常勤2名以上

4.保健指導実施日、時間
  平日:9時〜最終予定者まで
  休日:保健指導対象者の予約時間による

5.保健指導内容及び目安価格、その他の費用
  【特定保健指導】
  動機づけ支援:\18,900 /人〜
  積極的支援:¥25,000〜\50,000 /人
  その他の費用についてはお問合せください。
  ※料金設定に関しては、直接の協議により、設定しております。

6.通常事業の実施地域
  首都圏を中心に実施

7.緊急時における対応
  保健指導対象者の急変時は、近医にて対応

8.その他運営に関する重要事項
  個人情報保護法に則り、適切に個人情報は管理されます。
  保健師助産師看護師法に則り、守秘義務を徹底します。
  事務所内全面禁煙