くらうど保健室|保健師・ストレスチェック・ヘルスケア・メンタルヘルス・糖尿病重症化予防プログラム・喀痰吸引等研修・実地研修・受診勧奨

ほけんし株式会社
  • HISTORYほけんし株式会社 井谷衣里
  • 旅する研修会
  • くらうど保健室
  • ほけんし株式会社 みんなのブログ
  • Facebook

cloudhrTOP

オンライン健康相談 「くらうど保健室」
くらうど保健室は、従業員の元気を支える「オンライン健康相談」サービスです。

cloudhrTOP

こんなことはありませんか?
Check プライベートの悩みで仕事に集中できない
Check 社内の人に相談したくない
Check 上司や担当者も忙しくてきちんと話を聞く時間がない
Check 体調不良の方の早期対応ができない
Check 休職・離職を防止したいが自社に合った対策がない
Check 仕事も含め様々な悩みを相談できる窓口が作れない
悩み

プレゼンティーズムとは

プレゼンティーズムを知っていますか?
プレゼンティズムは、「健康の問題を抱えつつも仕事(業務)を行っている状態」疾病就業のことであり、これは生産性低下、保健状態低下、職場における伝染病蔓延を引き起こしえる要因である。
近年問題となっていることであり、そういった状態にある本人にもよくない状況と言える。

切り抜き1拡大表示

体調不良でも出勤する理由

体調不良のときに出勤する理由
@同僚に負担をかけたくない
A高い職業意識
B断れない性格
C低収入
D症状無視
E家よりも職場
Fポジティブな理由
体調不良でも出勤させる理由(職場の要因)
@従業員数不足
A休みにくい休業制度
B低いリーダーシップ
C雇用の不安定性
※プレゼンティーイズム―これまでの研究と今後の課題―獨協医科大学名誉教授武藤孝司氏

本人を支える人の必要性

切り抜き2

まだ間に合う、従業員には支える人が必要
プレゼンティーズム損失割合はストレス関連の項目との相関が強いことが明らかになったため、支援項目(家族等の支援:職業性ストレス簡易調査表の「家族や友人からのサポート」の項目を活用)に関する詳細分析を実施した。
その結果、家族等の支援の平均得点(範囲 3〜12 点)は、男性 4.84 点、女性 4.78 点であり男女差はなかった。
家族等の支援についてリスクあり(支援が足りていない)の対象者については、プレゼンティーズムの損失が有意に大きくなっていた。
⇒プレゼンティーズムに陥っている人には、本人を支える何らかのサポーターが必要であり、これから仕組みづくりを行うことで、従業員の元気が取り戻せる。

切り抜き2拡大表示

くらうど保健室での3つのサポート

オンライン健康相談

保健指導

ストレスチェック

産業保健で20年以上、現場保健師の声

平気そうに見える、その従業員は本当は一番サポートが必要だったケース
・非常にしっかりしていて何でもできるその人の悩み
周りから何でもできるその人は、いつも相談を持ち掛けられたり、自分のことは後回しでも人のために尽くすタイプの方でした。

しかし、本当の心のうちはわかりません。

健康診断後の保健指導をお受けになったとき、何となく一瞬言おうか言うまいか悩んだしぐさを見せました。

「本当はあなたをわかってくれる人がいないとでしょ」
その一言で、その人は別人のように泣き出しました。
周りの人が誰一人として、その人の頼られる負担感に気が付く人はいなかったため、強靭の様相が崩れ、全くの1人の人間がそこに現れました。

「ずっとたった一人で、悩んでいた、悩み続けていた。もう少し早く周りから協力が得られれば、様々なことがもっとうまくいったであろうに。」
これは本人自身も気が付かないほど、我慢に我慢を重ねてきたからこそ、悩みが悩みではなくなるほど、本人を苦しめていた元凶でした。

健康診断の結果と問診内容から、そういうことがわかってしまうのが不思議かもしれません。
しかし、我々が出会う人々は、仕事とプライベートを懸命に立ち向かっている現場の人たちなのです。

このケースの方は、それから暫くは、保健室に度々訪れ、今の仕事の状況や考え方が変わって来たことなど、その人らしくいられるサポートを続けました。
その後、元気に働けるようになり、保健室を利用しなくなりました。

井谷衣里

どんな人が担当するの?

女性

それは、「保健師」です。
保健師助産師看護師法において「保健師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者をいう。

看護職の国家資格には,保健師,助産師,看護師の3職種があり、保健師は,助産師・看護師教育の発展として,また,公衆衛生の普及向上を担う保健衛生実務者として活躍している。

余り知られていないが、会社内にある保健室では、保健指導という労働安全衛生法での努力義務が企業に課せられており、身体面だけではなく、同時にメンタル面での相談も受けてきた経緯がある。

いい相談ができるかは、担当者で決まる

女性

1 あなたの話をきちんと聞いてくれる
2 一緒に考えてくれる
3 定期的に連絡くれる
4 対応がスムーズ
5 様々な相談に乗ってくれる

料金プラン(法人契約)

チェック法人契約では、月額20,000円から
従業員数によりますが、月額20,000円からご利用になれます。
チェック保健指導は、1回5,000円(税別)
保健指導は依頼により実施となり、対象者件数により従量課金制です。
チェックオンライン面談は時間により料金が異なります
法人契約の場合、予め60分いくらなどの内容を決めて行います。

料金プラン(個人) 

女性

「くらうど保健室」の個人申込みの受付
個人で申し込みたい方に、受付専用サイトをご用意しました。
詳細情報

利用の流れ

契約締結

法人契約

オンラインでの契約

面談依頼

指定ツールによる予約

面談依頼による日程調整

面談実施

対象者とのオンライン面談

ZOOMなどでの面談

レポート

概要レポート

対象者の了解を受けた上で、簡略化したレポート

Q&A

質問 保健師さんに相談して会社に情報が洩れるのではないか心配
回答 保健師は、国家資格者でるため、守秘義務が課せられているため、ご安心ください。
本人の同意なしに会社に相談内容を知らせることはありません。
但し、ご本人の自傷他害の恐れがある場合はその限りではありません。

問い合わせ

くらうど保健室

問い合わせてみる
どういったサービスなのか
気になるが初めてなので心配だ
会社がうまくいくために社内での課題を何とかした
等、なんでもまずはお問い合わせください。
詳細情報

PageTop